忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

跡部からの贈り物感想②

先ほどのワンピースの女性はスーツ姿の男性と親しげに話しています。
その様子をただじっと眺める樺地。
そしてそんな樺地を見つめる跡部様。

さて、メインイベントは学校対抗障害物リレーです。
……テニスは?!
勝利したチームには高級テニス用品一式と跡部グループの運営するテニスクラブを自由に使える権利が与えられます。
アンカーの跡部様は手塚に「勝つのは俺様だ」と勝利宣言します。
でも跡部様主催で跡部様が勝ったら八百長感すごいと思います。

スクリーンに映る43こと榊監督はライブをやっていたステージにいるらしく、後ろには楽器を持った滝さんと淳がいます。
43の「いってよし!」がスタートの合図です。スタートし辛い掛け声……。

ところで、この障害物リレーは第一走者+第二走者+第三走者+水中騎馬戦4人+アンカーなので、最低8人必要です。
7人しか部員がいない不動峰はどうしているのでしょうか?
六角や城西湘南もレギュラーは7人しかいません。あと1人は一体誰なんでしょう?
詳しい出場選手が気になるので一時停止を駆使してよーく見てみました。

第一走者→第二走者→第三走者→騎馬戦→アンカーの順です。

青学:菊丸→タカさん→乾→リョーマ、大石、桃城、海堂→手塚
氷帝:日吉→滝さん→向日→宍戸さん、樺地、忍足、ジロー→跡部様
不動峰:神尾→森→内村→櫻井、伊武、橘さん、鉄→アンカー不明
山吹:千石→南→室町→壇、東方、喜多、新渡米→アンカー不明
ルドルフ:裕太→だーね→第三走者不明→金田、赤澤、ノムタク、だーね→アンカー不明
城西湘南:新城→(小さいけど身長と髪色から田中弟?)→第三走者不明→田中兄、若人、太田、新城→梶本
六角は:バネさん→いっちゃん→第三走者不明→サエさん、剣太郎、亮、ダビデ→アンカー不明
立海:柳→第二走者不明→ジャッカル→赤也、ブン太、仁王、柳生→真田

小さくてわからない、そもそも映っていない、という選手もいますが、大体こんな感じだと思います。
……では、変なところを上げていきましょう。

・榊監督の「いってよし!」の背景にいたはずの滝さんがなぜか第二走者。瞬間移動か。
・第二走者のだーねが水中騎馬戦にも参加している。
・同じく第一走者の新城が水中騎馬戦にも参加している。

こんなものでしょうか。
選手が被ってるのは人数不足を補うためだと考えられますが、滝さんに関しては謎です。
っていうか最低8人参加は不動峰に酷じゃないですか?

気を取り直してまずは第一走者、トップに躍り出たのは神尾です。
自慢の足でぐんぐん2位以下との差を広げていきます。
が、転倒してしまいその間に他のチームに抜かれてしまいます。
トップのバネさんがいっちゃんにタスキを渡します。

次の障害物は小麦粉の中から飴玉を見つけ出すアレ。
いっちゃんは「こういうの得意なのね~」と小麦粉を鼻息で飛ばして飴玉を見つけ出しますが、飛ばしすぎて他の選手にも見つけやすくなってしまい、さっさと抜かされてしまいます。
……ところで、この小麦粉から飴玉を見つけ出すやつって、やっぱり一昔前のバラエティ番組みたいで古いです。
いっちゃんを出演させるための障害物だと思うんですが、跡部様はこんなの知らないと思います。
……この映画の制作陣はおっさんばっかりなんですね。

お次は第三走者、らせん状の坂になったコースを乾はトップで走り抜けます。
ほんの一瞬だけ眼鏡が透けるファンサービスもありました。
頂上にたどり着き、次は下り坂……ですがただの下り坂ではありません。
なんと降雪機を使って人工の雪山を作っていました。
これは、理屈じゃない……!
各選手が、スキーなどを使って下っていきます。

次は、水中騎馬戦です。
説明されてませんが、相手のタスキを奪うと時間的なペナルティを負うとかなんでしょうか?
赤也が思わずつかんだのは……誰かの海パンです。
しかも誰のかわからないまま終わってしまいます。
リョーマたちは他選手の妨害よりも早く進めることを優先して、さっさと手塚にタスキを渡します。
跡部様も少し遅れてタスキを受け取り、2人のデッドヒートになります。

一進一退でどちらが先にゴールするかわからない大接戦です。
すると、跡部様はゴールの看板のネジが緩み、取れかかっていることに気がつき手塚に声をかけますが、一歩遅く、手塚の頭上に看板が落ちてきます。
落ちてきた看板から手塚をかばって跡部様は足を負傷してしまいます。
手塚は跡部様に肩を貸して、2人でゆっくりとゴールします。
他の選手は?とか言うのは野暮でしょうか。
こうして跡部様と手塚が同着1位ということになりました。
氷帝主催なのになぜか優勝カップを青学の校長が手渡ししてきます。
あったかい雰囲気になっているところ悪いですが、フィーリングカップルの機械の故障といい看板といい、施工業者が安全対策に手を抜いているのでクビにしたほうがいいですよ。
それとも、1日で完成させろ!みたいなとてつもない無理難題だったので、不備があったとかでしょうか。

大人の事情は置いておいて、最後はキャンプファイアーと社交ダンスで締めくくりです。
何気に背景で橘さんと杏ちゃんが社交ダンス踊ってます。兄妹同士でダンスって色気なさすぎません?
樺地はあのワンピースの女性が手を振っているのに気がつきます。
そして、2人は社交ダンスを踊り始めました。跡部様はそれを満足そうに見つめています。

そこに井上さんが現れます。どうやら、この件について調べてきたようです。
実はあのワンピースの女性は樺地のお姉さんで、もうすぐ結婚してしまうんだそうです。前のシーンでスーツ姿の男性と一緒でしたので、その人が旦那さんでしょう。
昔から仲の良かったお姉さんが結婚してしまうため、最近元気がなかった樺地を励まそうと、今回の祭典を開いてあげたんだそうです。
ちなみに、樺地にお姉さんがいるという設定はありません。完全にオリジナル設定です。
さらに今日は樺地の誕生日で、そのお祝いも兼ねているんだとか。
……なら自分の荷物くらい自分で持ってくださいよ(ことあるごとに言っていくスタイル)

跡部様は「樺地は意外とデリケートだから記事にはしないでくれ」と井上さんに頼みます。
井上さんは「プライベートを暴くのはうちの編集方針に反する」と言って納得してくれました。
……その昔、井上さんは地区大会で不動峰の暴力事件について橘さんに取材し、「他の人には言わないでほしい」と口止めされたにも関わらず、速攻で青学メンバーにバラした前科があります。信用に値しませんね。

そこに樺地が現れますが、無口な樺地が言いにくそうに口を開きます。
「ずっと言えなかったのですが……今日は自分の誕生日ではありません」
……そんなこったろうと思ったよ。
っていうか小さい頃からずっと一緒にいた樺地の誕生日間違えるなよ。
「ヤベッ!」という顔をして引きつった笑みを浮かべる跡部様に井上さんが冷たい視線を送っています。
「今年だけ、今日がお前の誕生日だ。そうだろ?あーん?」という最高にふざけたことを言いますが、樺地は祝ってもらったこと自体が嬉しいようで「ウス」と返します。

そして「今回のイベントがうまくいったのはすべて俺様の能力によるもの」というロックで跡部様らしい閉会の挨拶をします。
このあとは跡部様の家で打ち上げパーティーだそうです。誰1人として帰さないって……みんな中学生ですよ!
すると、会場が突如揺れ出します。
会場一体の地面が開き、中から巨大ジェット機が出現します。
そう、この会場はこのジェット機の上に作られた施設だったのです。
突っ込みたいことは多々あると思いますが、ここは突っ込んだら負けですのでスルーしましょう。
忍足が驚きのあまり眼鏡を外しましたが、伊達眼鏡なので意味不明の行動です。
ドーム部分はガラス張りになり、樺地は荷物を降ろして窓際に近づきます。
っていうかまだ荷物持ってたのかよ!もういいよ!
ちなみにこういうモブの中にアニメでちょこっと出てきたキャラとかが混じっているので探してみるのも楽しいと思います。
例えばここのシーンに首藤っぽい人物がいます。首藤っぽいモブかもしれませんが。またはモブっぽい首藤。
街の灯りで「かばじいつもありがとう」という文字を作っています。
私はちょっと笑ってしまいましたが、樺地は感動しているみたいです。
実際やってもらったら普通にすごいし嬉しいですよね。
ただ、ジェット機の頭の部分に跡部様のイラストが描いてあるのは馬鹿にしてるとしか思えないです。



総評

仁王の作画をなんとかしてあげてくれませんか?
あと跡部様は樺地の誕生日くらい自分で荷物を持ってください。
何回も観てモブからいろんなキャラを見つけ出すのが楽しいです。
でもまさかテニス部員を集めておいて一瞬たりともテニスをしないとは思いませんでした。
かといって、同時上映の2人のサムライもテニスをしていません。
これは何映画だったんでしょう?


拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード