忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

跡部からの贈り物感想①

『劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物 ~君に捧げるテニプリ祭り~ 感想』


あらすじ

跡部は突然他校のテニス部たちを招いて、盛大な祭典を開催。跡部の真の目的とは……?


作画

ひどいです。
TV版とそう変わらないレベル。
好きなキャラの作画がひどくてもがっかりしないでください。


本編

ご実家(?)のプールサイドで寛ぐ跡部様。
周りには氷帝学園の生徒たちの姿があります。男子も女子もいますが、比率的には男子の方が多いので男子テニス部+マネージャーのようですね。
跡部様主催で、関東テニス部を集めた盛大な祭典を開催することが発表されました。
跡部様のサングラス姿は笑うポイントってことでいいんでしょうか?笑いましたけど。

そして祭典当日、東京ドームのような建物に次々と人が集まってきます。ここが会場のようです。
跡部様のことだからきっとこの日のためにわざわざ建てたんでしょうね。
中は屋台や模擬店などがあり、それらは各テニス部の部員が運営しているっぽいです。
大規模な文化祭的なノリですね。
……こういうの、学園祭の王子様で見たことあるような……。

料理店から神尾の悲鳴が聞こえてきます。
橘さんが笑顔で差し出している鍋の中には魚、イチゴ、キュウリ、コーンなどの食材がグツグツと煮えています。
ここは橘さんの料理店のようです。
……橘さんって料理上手なはずなんですけど、創作料理は苦手なんでしょうか?それとも、自称?
ゲテモノ料理に恐れをなした神尾が猛ダッシュで逃げた先に待ち受けていたのは乾でした。
緑と赤というクリスマスカラーの全く混ざっていない液体を神尾に差し出しますが、もちろん逃げられます。

この会場はスポーツ施設も充実しています。
各選手は競技に合わせたユニフォームを身につけており、それぞれ自分の学校のカラーになっています。
柳沢と裕太のいるルドルフチームと海堂、桃城のいる青学チームがサッカーの試合をしています。
ベンチには不二や手塚の姿もあり、ユニフォームから察するに野球に出場するのでしょうか?
さらに、バスケのユニフォームと思われるタンクトップを着ているのは赤也、真田、幸村の3人。
真田のタンクトップ姿が笑いを誘うのであんまり直視できません。
幸村はタンクトップでも相変わらず肩掛けジャージです。
うーん、いろんな競技が……って関東の「テニス部」を集めた祭典ですよね?テニスは……?

青学の荒井、池田は懐かしの缶倒しゲームをやっています。
1回200円で当てたら1万円と言いつつ、1球ごとに500円が加算されていくぼったくりシステムです。懲りてませんね。

今度はジャッカルがオジイの悩み相談コーナーに訪れています。
しかし、相談をする前に順番を抜かして、金田や、地味's、室町、ノムタク、櫻井などが相談を始めてしまいます。
まあ、要するにみんな「地味すぎて活躍できない」って悩みみたいです。
鉄みたいに必殺技がないからキャラ立ち出来ないとか、裕太にビビるだけの役とかメタ発言満載です。
本当に地味でかわいそうなのはここにすらいないキャラだと思います。
例えば、森、内村、首藤、錦織などの……悲しくなってきたのでやめます。
地味'sはぶっちゃけかなり美味しいポジションなので贅沢言っちゃいけません。
オジイは寝てました。

樺地は会場内を歩く、1人の女性を見つけます。
茶色のロングヘアにつばの広い帽子を被り、淡い色のワンピースを着た、清楚な感じのお姉さんです。
正直ワンピースの女性より、樺地が2人分の荷物を背負っているのが気になります。跡部様のやつですよね?
祭典の最中も樺地に荷物を持たせている跡部様の元に、桜乃ちゃんがインタビューにきます。
なぜこの日にこの祭典を開催したかという質問をしますが、跡部様は返答を濁し、去っていきます。
それより、「レポーターの桜乃です」って言ってたんですが、桜乃ちゃんなら「竜崎です」って言いそうな気が……まあ、アニメ版は原作とキャラが少し違うので仕方ないですね。

続いてはお化け屋敷に入る柳生とブン太。ブン太は渋ってますが、柳生は冷静です。
早速現れた幽霊は、柳の木の下で逆さ吊りになっていた柳でした。
彼曰く「幽霊は柳の下に出るものと決まっている」だそうです。
……ダジャレなんでしょうか?ダジャレ担当は他にいるはずなんですが……。
さらに井戸からは伊武がぼやきながら登場。幽霊役が似合いますね。
結構リアクションを取っているブン太に対し柳生はさすがに冷静……かと思いきやただ直立不動で気絶しているだけでした。
そういえば柳生はお化けが苦手という設定なのに、なぜ入ったんでしょうね。
まだその設定がなかった頃でしょうか?

一昔前のクイズ番組のようなセットとともにクイズ大会が始まります。
司会は杏ちゃんです。杏ちゃんは制服なのにちょっとお腹が見えてて心配です。
回答者は玉林の布川、鉄、柿ノ木中の九鬼、すでに寝てるジロー、自信満々の観月さんと城西湘南の梶本くん(アニメオリジナルキャラ)、熱血な剣太郎(アニメ版の設定)です。
自信満々なのに全員頭にヘルメットを被ってるのが間抜けで好きです。
第1問目は、山吹の新渡米、喜多ペアの頭の葉っぱと頬の渦巻きは何?という哲学的な問題。
もちろん誰も答えられませんし、正解も教えてくれないまま終了します。

さらに「エデンの忠臣蔵」という謎の劇もやってるみたいです。
バーのようなセットのステージで、スーツ姿で踊るサエさん、赤澤、忍足。これは劇の一部なんでしょうか。意味がわかりませんが……。
いきなり時代劇に変わり、ちょんまげのかつらから触角が飛び出している棒読みの大石と、ござる口調の忍者不二先輩が出てきます。
結局どういう劇なんでしょう?

別のステージでは、バンド演奏が行われています。
ギターは木更津兄弟、ベースが滝、ドラムは……一瞬樺地に見えましたが、多分城西湘南の桐山くんです。
ボーカルは城西湘南の若人で、決めゼリフ「チェンジオーバー」と叫びます。
会場はかなり広く2階席までうちわや横断幕を持ったファンで満員です。
そういえば若人くんはファンの女の子がたくさんいる設定でしたね。

くつろぐ跡部様の元へ井上さんがインタビューにきます。
このイベントを開催するきっかけを訪ねますが、やっぱり誤魔化されてしまいます。
跡部様は樺地に「今日のランチはお前の好物ばかり用意させたからな」と声をかけながら去っていきます。
樺地の好物ってピザと牛丼でしたっけ。庶民的ですね。
でもそんな気遣いするなら自分の荷物くらい自分で持って欲しいです。

お次はフィーリングカップルです。
……これ、若い子は存在すら知らない番組だと思うんですが、どうなんでしょう?
こんなのを知ってる跡部様はいったい何歳なんですか?
司会は桜乃ちゃんと朋ちゃんです。
男子の参加者は、千石、宍戸さん、不二先輩、ダビデ、新城くん。千石以外は謎のメンバーです。
観客席にいた長太郎は宍戸さんの参加にびっくり。
宍戸さんは仁王に騙されて参加させられたらしいです。
仁王の後ろで判爺が頷いてるのでこの2人の共犯……?
なんでそんなに宍戸さんに参加して欲しかったのかは謎です。
それにしても、ここの仁王の作画がひどいです。
仁王はほぼここしか出番がないのでかわいそう。
対する女性陣は、菜々子さん、芝さん、華村先生、優紀ちゃん、スミレちゃん……スミレちゃん?!
これには司会の桜乃ちゃんもびっくり。ゴールデンペアの手によって強制退場です。
代打は由美子さん。身内じゃん。
……スミレちゃんが抜けても、1番若いのが大学生の菜々子さんなんですが、ちょっと中学生の相手にしては年齢層高めじゃないでしょうか。
桜乃ちゃんたちが参加してないのは腐女子のマジギレを避けるためでしょうか。
実在しない人に嫉妬してキレる腐女子こわーい(煽っていくスタイル)
まあ、桜乃ちゃんと朋ちゃんは本命が別にいるから、杏ちゃんは神尾と橘さんが泣くからという事にしておきましょう。
うーん、それにしても女性陣の格好はセクシーですねぇ。純情な中学生には刺激が強すぎませんか?

さて、まずは質問タイム。
最初は菜々子さんから定番の「どんな女の子が好みですか?」という質問。
千石「どんな子でも好き」
正直、この回答は0点です。だって答えになってないから。
宍戸さん「別にねーよ」
騙されたので終始不機嫌です。
不二「仕草が美しい人。あと、指が綺麗な人かな」
割とまともな回答ですね。
ダビデ「ダジャレ好きな人」
いません。なぜか観客席にバネさんとサエさんが見にきています。心配なんでしょうか。
新城くん「眼鏡をかけた理知的な女性」
華村先生の目を見ながら言うのはやめてください。ピンポイントかよ。

続いては華村先生の「もし彼女にテニスを辞めてと言われたらどうしますか?」という質問です。
千石「言われたことないからわかんない」
もしもって言ってるじゃないの。
宍戸さん「絶対拒否!」
そりゃそうだ。
不二先輩「理由を聞いて、話し合う」
大切ですね。
ダビデ「やめてって言われたら、きやめて困ってしまう」
帰れよ。ダジャレのあまりの苦しさにバネさんが怒りに震えています。
新城くん「顧問の先生に相談します」
満足そうな華村先生。そういうの、2人で個人的にやってもらえます?

芝さんの質問は「デートするならどこに連れてってくれますか?」
千石「彼女の好みに合わせまーす」
どこに連れてってくれるか聞いてるのに……。
宍戸さん「その時の気分次第」
はい。
不二先輩「美味しいものを食べに行く」
まとも……と思ったんですけど、不二先輩の言う美味しいものってもしかして辛いもの……?
ダビデ「テニス部員だからドライブに、つまりボールの回転のドライブにかけて」
本当に帰れよ。バネさんとうとうマジギレです。やっちゃってください。
新城くん「ご自宅に伺いたい」
ちょっと早いです。ってかデートに連れてってないし。

前提からして全く成り立ってないフィーリングカップルはとうとう告白タイム。
気に入った人のボタンを押して、両想いならカップル成立です。
結果はなんと宍戸さんが女性陣全員から好意を持たれているという結果に!……と思いきや由美子さんが「誰も入れなかったら可哀想だから周助に入れたはず」と言い出します。
そんな心配しなくても不二先輩はかっこいいし、質問にもまともな受け答えしてたので大丈夫ですよ。
もう一回やり直しますが、またしても変な結果に……最後は機械が暴走して壊れてしまいました。
千石は「あんな結果(宍戸さんがモテモテ)機械の故障じゃなきゃありえないもんね」と言って宍戸さんを怒らせます。
でも、やる気のない宍戸さんより千石の回答のほうが面白くないので、あなたが言えた義理ではありません。
まあ正直この中からカップルが成立すると年齢的に高確率で犯罪になってしまうので良かったです。
新城くんは華村先生に誰に投票したか聞きますが、はぐらかされてしまいます。他所でやってください。


その②に続く。


拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード