忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学プリ『赤澤吉朗』ルート感想

聖ルドルフ/3年/赤澤吉朗


通常イベント

・いつ叫び出すかハラハラする。
・ルドルフは一見観月の独裁政治のように見えて、観月は赤澤を部長として認めてるし、赤澤も観月を信頼しているところがいいね。
・朝だーねにおはようって言ったら「今、外れだと思っただーね?」って言われて相変わらずのメタ発言要因。お前を攻略したい。
・ドキサバの時も思ったけど、ブレ球って技なの?癖じゃないの?
・赤澤の趣味はダイビング。詳しくないけど、ダイビングって相当お金かかる趣味だよね……。
・ピカチ◯ウに似たウミウシがいるという話をした。女の子との会話のネタがウミウシ……。
・ダイビングで訪れた島の写真や、海の中の写真を見せてもらった。絶対こいつ金持ちだ。
・部活中は頼れる部長でも、普段はだらしなく野村に世話を焼かれている。ノムタクってそんなにマメなイメージないんですけど。っていうか特技がテニプリ史上最も気持ち悪いという印象しかない。(見ただけでスリーサイズがわかる)
・喫茶店で出すお菓子作りをヒロインにレクチャーされるたびに赤澤が「また粉を振るうのか……(絶望)」と言ってきて笑う。粉ふるいどれだけ嫌いなの。


アトラクション

赤澤は観月提案の演劇に参加。演目は「織田信長」で、役柄は「蜂須賀小六」です。
……歴史詳しくないんで知らないんですけどね。
赤澤、演劇の練習中にセリフを思い出せなくてとうとう叫ぶの巻。うるせえ。


デート(1回目)

1回目のデートは映画館。
しかし、見る映画は海洋パニック映画(ジョーズとかそういう系)
初デートで女の子をパニック映画に誘うなよ……。
映画見てるときに隣の赤澤が顔芸してて集中できない。


デート(2回目)

前にウミウシの話で盛り上がったので水族館へ。
どのキャラも基本的には2回目のデート時にはかなりヒロインのことを意識しているので、お誘いの時も1回目とは違ってどぎまぎ。
赤澤みたいに普段は男らしい人が慌ててるとかわいいね。
でも水族館デート後の公園とか絶好のシチュエーションなのに手も繋げないとか、純情というか意気地なしというか。


告白

やっぱり叫ぶ。
せっかくの告白なんだから叫ぶな。


エンディング

「俺のバディでいてくれ」
プロポーズかな?ダイビングのバディと人生のバディということですか。


総評

頼れるし、いい人だし、中学生らしいとこもあっていいんだけど、叫ばれると笑いしか起こらないからやめてほしい。


拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード