忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新テニスの王子様1巻感想①

巻頭カラーページから電車に遅れそうだからといって駅員のホイッスルをボールで弾き飛ばし、ラケットをドアに引っ掛けて乗車するクレイジーっぷりを披露する主人公。
ラケットやボールを粗末に扱うな。




「いちいち騒ぎすぎなんだよ…」

じゃねーよ。

ところ変わってU-17合宿会場。この合宿は要するに全国からテニスの強い高校生を集めたジュニア選抜高校生版って感じでしょうか。
今回は特別に中学生たちが呼ばれただけで、本来は高校生だけのもののようです。
続々と集まる青学のメンツ。ここでの言動や行動で軽くキャラ紹介も兼ねてます。
菊丸が鉄柱に登って監視カメラを眺めたりね。

 

青学は全国優勝校なのでリョーマ以外全員参加。
ですが、他の中学はそうでもない様子。

 




ところでエクスタシールーキーって何?下ネタ?
この時点ではリョーマはいない模様。
全国優勝校の青学をザコ呼ばわりして登場したのが、そのザコに負けた跡部様率いる氷帝学園。
連載初期より明らかに老けている真田をはじめとした立海大附属も登場。ちょこちょこと他の学校も見受けられます。

彼らの様子を見ていたのは中学生の参加を快く思わない、北斗の拳だったらページめくった瞬間ケンシロウにぺっしゃんこにされてそうな噛ませ犬っぽい高校生です。


 
そんな彼らは中学生に洗礼を浴びせようと、ゲームを持ちかけてきます。
内容は、10球打って空き缶を一つでも倒せれば勝ちという、テニプリ乙女ゲーのミニゲーム級のぬるい勝負でした。
高校生に対してカチンときてたのか、無駄な技や動きを混えてまで缶を倒す中学生たち。ひどい。

一通り高校生のプライドをへし折ったあと、合宿の黒部コーチからお知らせが入ります。
要約すると「高校生の合宿に中学生参加させることになったけど300人は多すぎるから減らすわ」という「じゃあなんで呼んだんだよ」感極まりない内容でした。
ヘリから250個のボールを落とし、拾えなかったやつは即刻退去という厳しいルール。ハ◯ター試験かよ。
拾うボールは一個でいいのにたくさん拾う極悪非道な中学生たちに圧倒された高校生は全く拾えず、最後の一個もカッコよく登場した主人公に拾われてしまいます。
リョーマはどうやらテニスの王子様本編終了後、突然姿を消し、アメリカへ行ってたらしいです。







主人公の登場より伊武が久しぶりにボヤいてる姿を見られたほうが嬉しいです。写植の文字が限界レベルの小ささ。

さて、中学生は全員ボールを拾えたにもかかわらず、高校生は半数近くが脱落です。
当然これに納得がいかない高校生はテニス勝負を持ちかけます。最初からそうすればよかったね。
高校生が指定した相手は「そこの眼鏡」です。手塚なのか忍足か小春か木手か柳生か……



戦いたくないのかなぜか眼鏡を外しだす乾か。



結局誰かの眼鏡をかけてあざといポーズをするリョーマが相手に決まりました。
リョーマの相手は、勝負を持ちかけてきたのとは別の高校生…ハンチングをかぶっているせいでシルエットが面白くなってる人です。



彼はリョーマに怪我をさせる気のようです。
「マグナム!」という掛け声とともに変な体勢からのサーブを繰り出します。
要するにボディショット狙いのサーブで、もちろんこんなんでリョーマに勝てるはずはなく、いいようにリョーマにおちょくられ続けるハンチングさん。
結局真似されたマグナムサーブでノックアウト。
以降、他の中学生にも無様に負けまくる高校生たち。まだキャラ紹介を兼ねてるんでしょうね。





ところで、平古場くんとクラウザーさんを同じページで紹介されるとややこしいのでやめてほしいです。
あ、コマの左下の人はもちろんクラウザーさんの仕業でああなってます。

一方長太郎は余分に拾ったボールを一番はじめに喧嘩を売ってきた高校生に譲ります。
それを見ていた宍戸さんは「ちょいダサだぜ」と一言。それは流行らない。仁王のプピーナも流行らない。
そこに別の高校生たちが登場し、この場は治まります。

彼らによってこの合宿のルールが説明されました。
1番コートを頂点として、16番までコートが分かれており、毎日行われる「入れ替え戦」によって常に順位が変動していくシステムとのことです。
鬼先輩は5番、入江先輩は3番、そして見開きで登場した徳川さんは1番コートだそうです。


「あまり生き急ぐなよ」「お前誰に指図してんの?」


亜久津くんと鬼先輩はスポーツ漫画のキャラクターらしい発言をしてほしいです。こわい。

感想その2に続く。



おまけ



扉絵のバネさんめっちゃイケメン。



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード